家族葬の式場を生まれながらの我が家にする

葬儀の開催場所をどこにするか悩んでいる人も少なくありません。生前故人は、どのような場所で葬儀を行ってもらいたいか希望がある場合には、その意思を尊重することが大切です。最近では終活を行う人が増えており、自分自身の葬儀をどのような規模や種類そして場所を決めておくことで、家族がどのような場所で葬儀を行えばよいか判断しやすいケースもあります。

故人のなかには、最期は、生まれ育った場所や現在住んでいるマイホームから送り出してもらいたいと希望する人もいます。家族葬を行うときの式場選びで、候補にあがる場所として自宅という選択肢もあります。近年では自宅で葬儀を行うことは減りつつありますが、参列者の数を限定することで規模を小さくした家族葬であれば、自宅でも葬儀を行うことが可能になります。生前に庭のガーデニングに力を入れているならば、やはりその庭から送り出したいと希望することもあります。それ以外にも変わった葬儀のやり方を希望することもあり、自宅であれば葬儀のスタイルをオリジナルにすることも可能です。また、特定の宗教の宗派に従った形で葬儀を行えることも可能なので、自宅を希望する人も多いです。  

家族葬を行うときには、檀家のお寺などと相談をする必要があります。宗派や宗教によっては家族葬を葬儀と認めていないお寺も存在しています。勝手に葬儀を行っても戒名や納骨を断られてしまうことがあります。しっかりとお寺とも相談をすることが大切になります。自宅であれば、葬儀を行える可能性も高く安心して家族葬を行うことが可能になるでしょう。  

昔ながらの葬儀を行わない家族葬であれば、現在のマイホームでもしっかりと葬儀を行うことが可能です。参列者の数を限定することができ一般的な葬儀と同じようなスタイルの流れで葬儀を行うことが可能です。式場選びで悩んでいる場合には、自宅を候補にすることで、簡単に決着できる場合があります。葬儀会社での式場を利用するときには時間の制約がある葬儀もあるので、注意しないといけません。自宅で行えば時間の制約もなく最後のお別れを行うことができます。