家族葬では慎重に選びたい式場

家族葬では慎重に選びたい式場

家族葬は、これまで行われてきた一般的な葬儀と比べて新しい葬儀の方法です。現在の家族事情によって、この葬儀の方法を採用する人も少なくありません。昭和の時代であれば、葬儀の時は親族で一丸となって行うことが多くありました。しかし最近は、核家族化が進むことでそれぞれの家庭で葬儀のやり方が異なっています。昔ながらの葬儀を行う家庭もあれば、新しい形式の家族葬を行う家庭もあります。近所との交流も希薄になっている現在では、葬儀の時のお手伝いも行わないことが増えています。相互に協力することが希薄になっているため、葬儀の規模も小さくしていくことで家族の負担を少なくさせています。  

家族葬を行うときにはどのような場所で、葬儀を行えばよいか非常に重要なポイントになります。最近は終活を行う人も増えており、自分自身の葬儀について希望を残す故人も増えています。残された家族が故人の意見を尊重するか、自分たちの経済事情や環境を優先するかにより、実際に行われる葬儀が異なります。家族の負担を少なくさせることが可能な家族葬でも、規模を小さくすること以外、葬儀の流れは一般的な葬儀と変化はありません。

参列者として招く弔問客を限定することで規模を小さくすることが可能です。そのため、家族葬を執り行う式場の場所についても変化があります。家族葬以外の一般的な葬儀になると多くの弔問客や参列者が訪れることになるので、葬儀を行う式場も限定されています。しかし、この葬儀のスタイルであれば自由に場所を選ぶことが可能です。家族が高齢になり、自宅で行いたいと希望する家族でも可能になっているのがこの新しい葬儀のスタイルです。  

家族葬は、葬儀の規模が小さくなることで参列者が少ないので香典の収入で、費用を賄うことが難しいです。しかし、通夜振る舞いや香典返しなど用意する接待費用は少なくなります。また、故人が自分自身のための葬儀の費用を遺すこともあり、負担を軽くする人も存在しています。そのためこの形式の葬儀を行う人が増えています。実際に葬儀を行う場所をどこにするかは、非常に重要なポイントになります。参列者の人数や葬儀を行える場所を確保することが非常に大切なもので、葬儀を開催する場所により注意しなければいけないポイントが異なってきます。開催場所によりどのような注意をして葬儀を進めていけば良いか、喪主や家族が理解し大きなトラブルを招くことのないように気を付けましょう。

INFORMATION

2018年08月09日
ホームページを更新しました